学校手続き無料!カナダ留学ならカナダ専門の留学エージェント、カナダ留学舎へ

大学・語学学校School

University of Manitoba(マニトバ大学)

ウィニペグ 大学研究型

1
学部生数
約25,000人
留学生率
5%
付属語学学校学生数
約200人
創立年
1877年
所在地
マニトバ州ウィニペグ(人口75万人)
カナダ大学ランキング
15位(研究型大学群)

大学の特徴

西部カナダ最古の大学です。医学部を含む20以上の学部を有する学生数25,000人の研究型大学です。運動生理学、薬学、ナノテクノロジー、栄養学、HIV/AIDS、気候変動などの分野で世界をリードする研究が行われています。日本では学べない学科が用意されていることも魅力です。大学院進学までを視野に入れている方には特に向いている大学と言えます。研究施設、スポーツ施設、図書館、学生ラウンジなどの各種大学施設も充実しています。

キャンパス風景

676エーカー(東京ドーム約60個分)という広大な敷地をもつ自然豊かなFort Garry Campusがメイン・キャンパスとなり、60以上の建物は全て地下道で結ばれているため、冬季の間は外に出ることなく移動ができます。Student Unionのある建物にはCafeteria、日用品店、書店などが揃っており、キャンパスは常に学生にあふれ活気に満ちています。医学部を持つ研究型大学のため図書館は非常に充実しており、メインの図書館以外にも複数の専門図書館があります。歴史を感じさせる古い建物と、最先端の研究が行われる新しい建物が調和し、美しいキャンパス空間を作り出しています。1,000人以上の留学生が在籍しており、国際的な雰囲気を合わせもちます。

街の風景

ウィニペグはマニトバ州の州都で人口約75万の中規模都市です。カナダ穀物取引の中心地であり、見渡す限りの大平原と二つの大きな川に囲まれた街です。街の中心地は約1マイル四方の大きさで、大通りを挟んでショッピングセンターやスポーツ施設、デパート、レストラン、銀行などが立ち並びます。中心地の東端にはフォークスと呼ばれるマーケットが、郊外にはポロパークと呼ばれる巨大ショッピング・モールがあり、多くの人でにぎわっています。また新しい建物に混じって、州議事堂などの歴史的な建造物もあります。街から車で少し行くと360度どこまでも続く地平線が広がり、また冬場の郊外ではオーロラが見えることもあります。カナダのスケールの大きさを肌で感じることのできる街です。

  • マニトバ大学校舎外観
  • 大学エントランス
  • 広大なキャンパス
  • 大学の外はにぎやかな街

学部(本科)

年間授業料:約$14,000

年間滞在費:約$9,000(学生寮/9月-4月)

主な専攻:経済学、教育学、運動生理学、環境デザイン学、国際関係学、社会学、心理学、犯罪学、映画学ほか

必要語学力:TOEFL86(全てのセクション20以上)/ IELTS6.5/付属語学学校で開講のIAEPを修了

付属語学学校(ESL)

詳細はカウンセリングの際にお尋ねください

附属語学学校費用例

詳細はカウンセリングの際にお尋ねください