学校手続き無料!カナダ留学ならカナダ専門の留学エージェント、カナダ留学舎へ

休学・認定留学Study Abroad

学生さんのための休学留学と認定留学

多くの企業がグローバル人材を求める昨今、大学在学中に留学をする大学生さんが急増しています。
海外に滞在しながら異なる生活文化を体験し、様々なバックグラウンドを持つ人々と英語で交流をする経験は、何にも代えがたい素晴らしく有意義な時間となると同時に、就職後の皆様のキャリアに大いに活かされることでしょう。

一方、就職前の「就職活動」にも留学が影響する側面も否定できません。
英語でのコミュニケーション力をつけることはもちろん、英語での業務遂行力や交渉力などのビジネス英語、TOEICスコアアップなど、留学の具体的な成果をアピールすることも企業から求められています。就職活動のために留学をするわけでは決してありませんが、就職活動を意識することにより、結果的に留学をより充実した有意義な時間にすることができるとも考えられます。

休学留学と認定留学の違い

  休学留学 認定留学
日本の大学での扱い 日本の在籍大学を「休学」して留学をします。 「カナダで取得した単位」を在籍している日本の大学に「卒業単位」として認めてもらう留学です。
日本の大学を休学しないために、4年間で卒業することも可能です。
留学先の条件や制約 留学先の学校やプログラムについて制約が一切ありません。私立語学学校、私立専門学校、大学付属語学学校など、どのような学校にも通学可能です。
またワーキングホリデービザで渡航して、英語学習と仕事の両方を体験することもできます。
多くの日本の大学が、海外の「学位授与権のある教育機関で取得した単位」を「卒業単位」として認めますので、基本的にはカナダの大学やカレッジに留学する必要があります。
「カナダの大学での正課科目単位」のみを「卒業単位」として認める日本の大学と、「大学付属語学学校での英語学習の単位」も「卒業単位」として認める日本の大学があります。
注意点 「休学手続き」「復学手続き」の期日が在籍の大学により定められていますので、事前に確認しておいてください。 日本の大学では、認定留学として認めるために、大学ごとに様々な条件(必要受講時間数など)を課しています。また入学許可証や大学のパンフレットなど提出する必要がある書類も日本の大学によってそれぞれ定められています。「認定留学」をご希望の場合にはお早目にこれらを日本の大学に確認してください。

休学留学のプランの立て方

一般的に休学留学の場合には、「渡航日や通学期間の融通が効く」「語学研修だけでなくビジネス英語なども学べる」「都会に留学できる」などを
理由に私立語学学校に通学する方が多いです。下記にプランの立て方をご紹介します。
大学付属語学学校をご希望の方は認定留学先の決め方をご覧ください。

半年までの留学の場合

この場合、多くの大学生さんが観光ビザ(パスポートのみ)で渡航して、語学学校の英語コースを受講し、総合的な英語レベルを上げることに専念します。
もちろん英語レベルが規定以上に到達すれば、ビジネス英語など専門的な学習も可能ですが、その為には出発時に中級以上(TOEIC600点程度)の英語力があることが望ましいです。

関連リンク
【なんでもQ&A】ビジネスなどの専門プログラムは誰でも受講できますか?

一方、ワーキングホリデービザで渡航して、語学学校に通学した後にカナダでアルバイトをすることも可能です。しかし、ワーキングホリデービザは最長で1年間の滞在が可能ですので、半年の滞在のために取得してしまうのはやや勿体ないと思われる方もいらっしゃいます(カナダのワーキングホリデービザは、一生に一回の申請になります)。

関連リンク
【なんでもQ&A】就学ビザ、ワーホリビザ、どう違うの?

半年以上の留学の場合

半年以上の留学の場合には、まずはビザを決める必要があります。就学ビザとワーキングホリデービザのどちらにするかは下記を参考にしてください。

関連リンク
【なんでもQ&A】就学ビザ、ワーホリビザ、どう違うの?

就学ビザの場合

「語学の習得」にプラスしてビジネス英語、英語教師などの「専門プログラム」を受講する方が多いです。
従って、専門プログラムを持つ比較的大規模な学校に通学する方が多くなります。
一方、「あまり大きな学校は雰囲気が苦手」という場合には、まずは小規模な学校に通学して、途中から大規模な学校に転校することも可能です。
学校の申込み期間とビザの関係は下記をご確認下さい。

関連リンク
【なんでもQ&A】入学許可証と就学ビザは同じ期間ですか?

更に、帰国後の就職活動を意識して、カナダの企業でのインターンシップを希望する方も少なくありません。
しかし、2014年6月のカナダビザのルール変更により、現在はインターンシップのために必要なビザの発給が制限されています。
詳細はカウンセリングにてお問い合せ下さい。

関連リンク
【なんでもQ&A】インターンシップもできますか?

ワーキングホリデービザの場合

最初の3か月から6か月は語学学校に通学し、その後はアルバイトをしながらカナダに滞在する方が多いです。
語学学校の通学期間はご予算に応じて決めます。

もちろん1か月や2か月のみ語学学校に通学することも可能ですが、英語の上達は滞在(通学)期間に比例するため、短くとも3か月ほどは通学することをお勧めします。
語学学校の中には、ワーホリ向けのコースがある場合がありますので、一般英語のみでなくそのようなコースを受講するのもよいでしょう。
語学学校修了後、できるだけ早く仕事を始めることができるよう、通学中からお仕事探しをスタートすることをお勧めします。
カナダ留学舎・ワイルドローバーの現地サポートオフィス(バンクーバー/トロント)では「お仕事探しのアドバイス」も行っていますのでご利用下さい。

また、バンクーバーエリアで語学学校に通学する方向けに、「ロッキーリゾートで働くプログラム」もあります。
バンクーバーのサポートオフィスが、ロッキーなどのエリアのホテルでのお仕事をアレンジします。
詳細はカウンセリングにてお問い合せ下さい。

認定留学先(大学・カレッジ)の決め方

休学留学の場合は複数の学校に通学する方もいらっしゃいますが、認定留学の場合、一つの大学・カレッジに通学する方がほとんどです。
日本ほどではありませんが、カナダにも複数の大学・カレッジがありますので、その中から一つに絞るのはなかなか容易ではありません。
そこで下記に大学・カレッジを決める方法をご紹介します。
「大学一覧」ページと合わせてご覧ください。

方法①

■ 留学スケジュールに合った大学・カレッジにする

私立語学学校と異なり、大学・カレッジの場合は開始日と終了日、そして受講期間が予め大学・カレッジによって決まっています。従って、お客様が渡航する日、あるいは帰国する日にあった大学・カレッジを候補にあげ、その中から最終的に1校に決めます。
方法②

■ 地域から大学・カレッジを選ぶ

世界で2番目の国土をもつカナダ。西海岸のバンクーバーから東に向かって、カルガリー、ウィニペグ、トロント、モントリオール、ハリファックスと、都市によって気候、街の雰囲気などが大きく変わります。「行きたい地域・都市」から大学・カレッジを選ぶことができます。
関連リンク
【なんでもQ&A】どの都市に行くか迷っています。カナダ各都市の特徴を教えてください。
方法③

■ 大学・カレッジの付属語学学校の特徴から選ぶ

「大学・カレッジの99%が公立」というカナダでは、大学・カレッジ間による教育レベルの優劣はほとんどなく、どの大学・カレッジに通学しても、質の高い語学授業を受けることができます。
一方、大学・カレッジによって、「レベルによっては大学本科の授業を受けることができる」「大学本科の授業を聴講できる」「費用が比較的安い」など様々な特徴があります。このような特徴から通学する学校を決める方法もあります。
  • ※ 上記は在籍中の日本の大学が「海外の大学やカレッジの付属語学学校」の単位を卒業単位として認めるケースでご紹介します。
  • ※ 認定留学の条件は日本の大学によって異なるため、ご自身の在籍中の大学に詳細は必ずご確認下さい。